AI テキスト読み上げサービスとは

   入力した日本語のテキストやウェブサイトの内容を読み上げるサービスです。現在、このページは無料解放中です。

AI テキスト読み上げサービス

   テキストを入力して読み上げる方法と、URLを入力してテキストを取得後に読み上げる方法があります。 テキストが1000文字を超えると赤い表示になります。1000文字以内の黒文字表示にした後に「AI テキスト読み上げ」ボタンを押してください。読み上げ速度を変更することもできます。

テキストを取得するURLの入力

  URL

読み上げ速度の選択

  テキスト(1000文字以内)
入力文字数: 0

AI テキスト読み上げ例

   テキスト読み上げ例です。読み聞かせなどにも使用できるでしょう。なお、ボイスチェンジャーにより音声を変更したい場合には、音声変換サービスをご利用ください。

読み聞かせ例:速度は標準

   ここでは、夏目漱石の「吾輩は猫である」の出だしの部分を使用して、読み聞かせの例を示します。わかりやすく読めるよう、原文から、句読点や仮名遣いを多少変更しています。

下記の入力テキストを読み上げた音声

入力テキスト

   吾輩は猫である。名前は、まだ無い。どこで生れたか、とんと見当がつかぬ。何でも、薄暗い、じめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかも、あとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。この書生というのは、時々、我々を捕まえて、煮て食うという話である。しかし、その当時は何という考もなかったから、べつだん、恐しいとも思わなかった。ただ、彼の掌に載せられて、スーと持ち上げられた時、何だかフワフワした感じがあったばかりである。てのひらの上で少し落ちついて書生の顔を見たのが、いわゆる人間というものの見始めであろう。この時、妙なものだと思った感じが今でも残っている。第一、毛をもって装飾されるべきはずの顔が、つるつるして、まるで薬缶だ。その後、猫にもだいぶ逢ったが、こんな片輪には一度もでくわした事がない。のみならず、顔のまんなかがあまりに突起している。そうして、その穴の中から、時々、ぷうぷうと煙を吹く。どうも、むせぽくて実に弱った。これが、人間の飲む煙草というものである事は、ようやくこの頃知った。
 この書生の掌のうちで、しばらくはよい心持に坐っておったが、しばらくすると非常な速力で運転し始めた。書生が動くのか自分だけが動くのか分らないが、むやみに眼が廻る。胸が悪くなる。到底助からないと思っていると、どさりと音がして、眼から火が出た。それまでは、記憶しているが、あとは何の事やら、いくら考え出そうとしても分らない。
 ふと気が付いて見ると、書生はいない。たくさんおった兄弟が一ぴきも見えぬ。肝心の母親さえ、姿を隠してしまった。その上、今までの所とは違って、無暗に明るい。眼を明いていられぬくらいだ。はてな、何でもようすがおかしいと、のそのそ這い出して見ると非常に痛い。吾輩は藁の上から、急に、笹原の中へ棄てられたのである。
 ようやくの思いで笹原を這い出すと、向うに大きな池がある。吾輩は池の前に坐って、どうしたらよかろうと考えて見た。別にこれというふんべつも出ない。しばらくして泣いたら、書生がまた迎に来てくれるかと考え付いた。ニャー、ニャーと試みにやって見たが誰も来ない。そのうち池の上をさらさらと風が渡って日が暮れかかる。腹が非常に減って来た。泣きたくても声が出ない。

一般的なテキスト読み上げ例:速度は標準

下記の入力テキストを読み上げた音声

入力テキスト

   愛情、優しさ、暖かさを求めていたり、秘密をごまかそうとしていたり、秘密が暴露されないよう誰かの口を塞ごうとしていたりすることなどを示唆する夢の中で何かとキスすることは、愛情、優しさ、暖かさ、愛情表現、性的欲求、口を塞ぐことなどの象徴です。 そして、自分が何かにキスする夢は、あなたが、キスした何かが象徴する人、動物、組織などの対象の長所やキスした箇所が象徴する魅力に惹かれると共に、その対象の愛情、優しさ、暖かさを求めて愛情表現しようとしていたり、自分の口を塞いで欠点をごまかそうとしていたり、その対象の口を塞いで自分の秘密が暴露されないようにしようとしていたりすることなどを暗示していますが、状況により判断が分かれますので「1. キスする状況が印象的な夢」の項目をご覧ください。
この文章は、キスする夢の夢占い のページの出だしの部分です。

ニューステキストの読み上げ例:速度は速く

下記の入力テキストを読み上げた音声

入力テキスト

   羽田航空機衝突、海保機長進入許可と思い違いナンバーワンが誤進入の一因の可能性強まる 東京・羽田空港の滑走路上で日本航空と海上保安庁の航空機が衝突した事故で、海保機の男性機長39が事故後の聞き取りに、管制官からナンバーワンと聞き、指示を復唱して滑走路内に進入した。許可を得たと思い違いをしたと説明したことがわかった。出発順1番を意味するナンバーワンの文言が誤進入の一因だった可能性が強まり、運輸安全委員会などが詳しい経緯を調べる。 羽田衝突事故、回収のレコーダーぎりぎりの線で解析できそう運輸安全委委員長 火災が起きたJAL機周辺を調べる警視庁の捜査員などの関係者ら1月4日 事故は2日で発生から1か月となる。海保機長には警視庁や海保が事故直後に事情を聞いたほか、重傷を負った機長が一般病棟へ移ったのを機に、運輸安全委も1月25日から聞き取りを始めた。両機のボイスレコーダーCVRの解析も進むなど、原因の調査が本格化している。 関係者によると、海保機長は事故当夜、海保などに滑走路への進入許可を受けた上で進入したと説明。しかし、その後、思い違いをしたとの趣旨の話をし、ナンバーワンの文言などの事情に言及したという。 国土交通省はナンバーワンを含む交信が海保機側の思い違いにつながった可能性が否定できないとし、国内の空港では出発機の順番について、管制官側から積極的に情報提供することを取りやめている。
この文章は、羽田航空機衝突、海保機長「進入許可と思い違い」…ナンバーワンが誤進入の一因の可能性強まる - 読売新聞オンライン のページから取得し、不要な部分を削除したものです。

* 無断転載禁止。
* どのページでもご自由にリンクして下さい。
* ご意見・ご質問等がございましたら こちらからメールをご送付下さい。 無料SEO対策